MENU
テリオスのFIRE実践状況は ➡ こちら

プロフィール

プロフィール

私の社会人になってからの人生の大半は、ガンとの戦いでした。4度ガンになってもまだ生きているなんて、よっぽど悪運が強いのだと思います。
そんな私が、FIREを目指すことになった経緯も含めて、自分を知っていただくためにも恥ずかしいですが、プロフィールを公開したいと思います。

記事を読んで分かること =【 結論 】
  • ガンになってもくじけない心を持つことができた理由
  • FIREを目指すことになった契機(会社を退職した理由)
テリオスのアイコン画像テリオス

少々長くなりますが、お付き合いください。

目次で流し読みする🧐

幼少期時代

誕生

1965年9月、私は北海道の真狩村というところで生まれました。

父が中学の教師をしていたので、生まれた翌年には別の地に転勤となり、真狩村での記憶は全くありません……

幼稚園

羊蹄山(蝦夷富士)

写真のように、私の育った北海道後志地方には羊蹄山(蝦夷富士)という、綺麗な山がそびえています。

この羊蹄山をはさんで、真狩村とは反対側にある倶知安町に家族は転勤となりました。

小学5年生まで、この羊蹄山の雄大さを感じ眺めながら育ちました。

小学生時代

さて、あなたは「僻地」「複式学級」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

僻地(へきち)とは?

かた田舎、都会から遠くへんぴな土地、という意味です。

そんな土地柄ですから、子供の数も少なく、ひとつの校舎に小学生と中学生が一緒に学ぶ”小中学校”というのが普通に存在していました。

全校生徒が皆顔見知り、というアットホームな雰囲気が好きでした。

中学生は各学年1クラスずつ、小学生は1・2年+3・4年+5・6年がそれぞれ1クラスの複式学級で構成され、全校生徒合わせて40人くらいが小中学校の規模です。

テリオスのアイコン画像テリオス

父は都会が嫌いだったので、転勤があれば率先して僻地の学校を希望していました。

よって私は、小学生・中学生時代は全て小中学校で過ごしました。

また、悲しいことに、現在では母校すべてが廃校になってしまっています。

小学6年生で初転校

そんな環境の中で、小学6年生に初めて黒松内町の小中学校に転校を経験しました。

基本、中学教師はその地域内でしか異動しませんので、後志地方内をグルグル転校することになります。

この時の小中学校が一番小規模でした。

何と言っても、学校のすぐ横に牧場がありましたし、教員住宅のすぐ裏には、牧場の馬がいて毎日草をあげていました。

母にガンが見つかる

平穏な毎日でしたが、突如、母にガンが見つかりました。

手術・入院のため、幼い弟は親戚に預け、私と父の二人暮らし生活(約半年)をしました。

半年後に母は無事に退院しましたが、小学6年生ながらとても不安な毎日を過ごしていたことを、今でも覚えています。

その後、母は何回か入退院・手術を繰り返すことになります……

中学生時代

中学1年生に2回目の転校

中学1年生の時に、風の強い寿都町の小中学校に転校しました。

そこはなんと、翌年には廃校になることが決まっていたのです。

中学2年生に3回目の転校

島武意海岸(積丹半島)

廃校を受けて、中学2年生に積丹町の小中学校に転校しました。

写真のように、”積丹ブルー”とも言われる国定公園がある、自然に満ち溢れた町で、私はとても好きでした。

父が教師ということもあり、地元の方々から”これ食べな!”と、以下のような色々な恩恵を受けていました。

  • 海水浴ではウニや貝の取り放題で、浜辺で焼いてお腹いっぱい食べた
  • 漁師さんが朝取れたてのウニを持ってきてくれて、朝から豪華ウニ丼
  • ウニ以外にも、イカやエビなどの海産物も大量にいただいた

この2年間は、本当に海産物に恵まれた食生活を送っていました。

突発性難聴が発症

高校生時代

下宿生活

小樽市内の普通科高校に合格したものの、実家が積丹町にあったため、小樽に下宿することになりました。

15歳で初めて家を出て、知らない家での生活。

友達ができるかどうか、ドキドキでした。でも、同じように地方出身者の下宿生から友達の輪が広がって、楽しかったです。

高校1クラスの人数が小中学校の全校生徒並みの規模に、当時は圧倒されていました。

大学受験失敗

道内の理系国公立大学を受験したものの、あえなく玉砕。

6歳下の弟も控えていたので、私立大学には行かず、1年浪人して同じ大学にリベンジすることを決意しました。

浪人生時代

有意義な予備校生活

当時、札幌市内にあった『札幌予備学院』という予備校に通いました。

高校生でも大学生でもない、中途半端な立ち位置。でも、それが当時は何となく心地よく感じていました。

勉強ももちろん、これでもかというくらいこなしました!

大学生時代

道内の理系国公立大学に入学

1985年、無事に第一志望校に合格!

社会人時代(担当職)

道内の東証一部上場企業に就職

1989年に技術職として入社しました。

道外に就職する選択もありましたが、私は北海道が大好きなので、地元に骨を埋めるつもりで道内企業に就職しました。

1度目のガン

入社してすぐの1989年9月、下痢と便秘を交互に繰り返し、耐え難い腹痛に襲われたので、近くの病院を受診。

結果、大腸ガンおよび肝臓転移と診断され、余命2年の宣告を受けました。

私のガンは、もともと遺伝子の情報が少し壊れていて、人よりガンになりやすい特徴を持ち、それは母親の家系によるものだということ。

手術は成功したものの、「こんなんじゃあ結婚もできないだろうし、今後どうしよう」とふさぎ込んでいた時期もありました。

しかし、母親から『私たち親子がガンになっても生きているのには、きっと何か意味があるんだよ。』と言われ、その意味を確かめてみようと、気持ちを奮い立たせました。

2度目のガン

1度目のガンから約半年後の1990年6月、定期検査で肝臓に転移ガンが判明し、2度目の手術を受けることに。

母の死

現場でバリバリ働いて充実した日々

この頃は20代後半から30代前半で、ちょうど仕事が面白くなってきた時期。

技術職の設計担当だったので、自分の設計したモノが実際の形になって出来上がっていくのが楽しく、キツかったですがとてもやりがいを感じて仕事をしていました。

3度目のガン

大腸ガン

本店情報システム部門に異動

結婚

2001年

マイホーム購入

札幌市

社会人時代(管理職)

1回目の単身赴任

函館市

2回目の単身赴任

苫小牧市

管理職として満足だったこと

人を育てる喜び

管理職として不満だったこと

働いていた会社は設備産業だったので、お客さまの土地に建設をさせていただくことが多々ありました。

しかし、過去にいい加減な仕事をした(部下ではない)先輩社員達のせいで、土地所有者と何十年にも亘るトラブルが何件も発生し、それが解決の方向に一向に進まず、そのトラブル対応を歴代の管理職が担っていました。

自分の部下のミスによるトラブル対応ならいくらでもしますが、過去の先輩社員達の尻ぬぐいが回ってくることに、責務としてわかっていても、どうしても納得できませんでした。

謝罪のため、生まれて初めて人に土下座をしたこともあります。

胸ぐらをつかまれ、殴られたこともありました。この時に、この会社を辞めよう!との思いが芽生えました。

管理職を降りてもよかったのですが、この頃、会社の経営状況に不穏な空気が流れていたので、退職するタイミングを探っていました。

4度目のガン

そんな中、2021年 胃ガン(ステージ3b)

サイドFIRE時代

4度目のガンを契機に退職を決意

2021年9月、4度目のガンを契機に、残された時間を有意義に過ごすことを考え、退職を決意しました。

でも、決して人生をあきらめたわけではありません。ステージ3bのガン5年生存率は50%。

生存率50%なら生きるか死ぬか、それは普通に生きていても同じことと思えたからです。

生きてるだけで丸儲け!

退職と同時に、サイドFIREの準備を始め、2022年1月からサイドFIREを開始する予定です。

そして現在に至ります。

目次で流し読みする🧐
閉じる