スポンサーリンク
【 この記事の概要 】
TERIOS式FXプライスアクショントレードによる日々のトレード記録を(自分への振り返りも込めて)公開しています。自分なりのエントリー根拠やイグジット理由なども記載しています。

USDJPY(+16.3pips)

エントリー根拠
8月16日は用事があったので、トレードなし。16日21時30分発表の指標結果により下げたレートが一旦上昇し、その戻りがあるものと期待。米国と中国の貿易摩擦解消に向けた協議進展への期待感があるため、それほど下がらないと予想。
エントリー アクション 判断ライン 位置
売り 1ニの山 20EMA
110.720
Cross
Cross

イグジット理由
若干、巻き戻しの様子が伺えたのでイグジット。
相場状況&振り返り
結果として利益を確保できたが、失敗トレードであった。ローソク足のヒゲではなく実体が110.720に刺さった位がエントリー可の判断だったかもしれない。200EMAもそれほど傾きを持っていなかったので、チャートどおり110.720をサポートにして上昇するシナリオを描けたはず。

EURUSD(+27.6pips)

エントリー根拠
ヒゲの長いカラカサが出現したため、買いエントリー。
エントリー アクション 判断ライン 位置
買い カラカサ 20EMA Cross

イグジット理由
直近高値に近づいたこと、および数分後にミシガン大消費者信頼感指数の発表があることからイグジット。
相場状況&振り返り
リスク回避の観点からのドル円下落を受けて、ユーロドルが上昇。この流れにうまく乗ることが出来た。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事