スポンサーリンク
【 この記事の概要 】
TERIOS式FXプライスアクショントレードによる日々のトレード記録を(自分への振り返りも込めて)公開しています。自分なりのエントリー根拠やイグジット理由なども記載しています。

USDJPY(+13.8pips)

エントリー根拠
大き目のトンカチが出現したため、売りエントリー。
エントリー アクション 判断ライン 位置
売り トンカチ 111.45
20EMA
Cross
Cross

イグジット理由
一度110円を割ったときにはチャートを監視していなかったので、タイミングを逸した。再度接近してきたため、イグジット。
相場状況&振り返り
8月25日23時のパウエルFRB議長によるジャクソンホール会議での公演の中で、利上げを慎重に進める必要性を強調したことから、市場では”利上げ打ち止めの時期が近付いている”との見方が広がり、ドル売りで反応した。その後、一方的な下落トレンドになるかと思ったが、上昇トレンドに変わり翌営業日となった。本日は、本邦輸出勢の売りにより大きく値を下げたため、なんとか利益を得ることができた。やはり、重要イベント直後のエントリーは控えるべきだった。

EURUSD(+6.1pips)

エントリー根拠
形の良いカラカサが出現したので、買いエントリー。1.16000を背にして上昇が期待できる。
エントリー アクション 判断ライン 位置
買い カラカサ 1.16099 Cross

イグジット理由
1.16220付近で若干もみ合いだしたので、利益確保のためイグジット。
相場状況&振り返り
本日は英国市場が休場であり、主だった経済指標の発表もないため、小幅なレンジ取引になりやすいと想定。よって、無理せず確実に利益を確保していくよう心掛けた。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事