ブログでアフィリエイトに挑戦!

アンケートサイトやポイントサイトの友達紹介をしながら、アフィリエイトに挑戦してみましょう。

アフィリエイトにはいろいろな種類があるので、自分のスタイルにあったものを選びましょう。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは『提携』の意味です。ブログへ広告を配置することで収入を得ますが、大きく二つのタイプに分けられます。

成果報酬型

広告主の商品やサービスを自分のブログで紹介し、実際に成約(購入や申し込み)が発生した場合に、報酬が得られます。

一般的には、広告主と直接契約するのではなく、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と呼ばれる、広告主からの広告を一元管理している事業社に申し込んで行います。

【長所】在庫を持つ必要がない。パソコン1台で手軽に始められる。
【短所】報酬は商品売上の数%であるため、ローリターン。

クリック報酬型

ブログに設置した広告が、訪問者にクリックされた場合に報酬が発生する仕組みです。一番の有名どころはGoogleアドセンス。

【長所】広告がクリックされれば報酬が発生するため、初級者でもOK。
【短所】1クリックの報酬単価が低いため、相応のアクセス数が必要。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは最初に述べたように大きく二つのタイプに分けられますが、ASPの中でもいくつか種類があり、それぞれ特徴があります。

基本的には、成果報酬型とクリック課金型を組み合わせるのが一般的です。

専門物販系アフィリエイト(成果報酬型)

複数のECサイトや企業と提携している、いわゆる大手と言われるASPです。こうしたASPには知名度の高い複数の企業が広告を出すので、提供されるアフィリエイト広告もユーザーから信頼されやすいというメリットがあります。

あらゆる種類の広告が、様々な形式で用意されており、どんなアフィリエイトのテーマにもマッチする広告が見つけやすい反面、具体的な商品を絞り込んだ訴求はしにくくなります。

代表的なASPとしては、A8.net・バリューコマース・アクセストレードなどがあります。

百貨店型アフィリエイト(成果報酬型)

自社でECサイトに特化したASPです。amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトに代表されるもので、たくさんの商品から自由に選択できます。

信頼性があるので商品が売れやすいメリットはありますが、その分、成果報酬率が低めに設定されている傾向があります。

代表的なASPとしては、amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトなどがあります。

情報商材系アフィリエイト(成果報酬型)

情報・ノウハウ・ツールなどを販売するためのアフィリエイトです。情報系は高値で取引されるため、1件あたりの収入が10,000円を超えて稼ぐことも出来ます。

ただ物販系よりも頻繁に売れるものではなく、必要ない人には興味がない分野なので上級者向けのアフィリエイトです。

代表的なASPとしては、infotop・インフォカートなどがあります。

クリック報酬型アフィリエイト(クリック報酬型)

クリックされるだけで報酬が発生するアフィリエイトです。

表示される広告はコンテンツマッチ型(ブログの内容に合わせて最適な広告を自動表示してくれる)が多いので、設置も楽にできます。

記事を更新すれば広告内容も自動的に変更され、リンク切れをチェックする必要もありません。さらに、表示候補が複数あった場合は、もっとも報酬単価の高い広告が選択され、クリックされるだけで成果とみなされます。

ただ、他のASPより審査基準が高いので、しっかりとしたブログ作りが求められます。

代表的なのはGoogleアドセンスです。

インプレッション報酬型(クリック報酬型)

ブログに表示されるだけで報酬が発生するアフィリエイトです。

クリックされる必要がないので、その分簡単ですがGoogleアドセンスに比べれば報酬単価が低いので、多くの訪問者が訪れるようになったら検討しても良いでしょう。

代表的なのは、midi8・忍者Admaxなどです。

まとめ

これらのASPは、それぞれに得手・不得手があり、自分がどの商品をどのように紹介したいかで使い分けることができます。

それぞれのASPの特徴を存分にいかせれば、アフィリエイトの成功率はさらに上がるでしょう。