ブログとサイトの違い

これから、ブログアフィリエイトについて解説していきますが、その前に、ブログとサイトの違いを確認しておきましょう。

ブログとサイトの違いを簡単に比較

よく目にするブログとサイトという言葉。両者の違いについて、復習を兼ねて簡単に確認しておきます。

ブログ
  • ブログシステムやWordPressで運営
  • 更新型(常に新しい記事のアップが必要)
  • トップページには新着記事が掲載
  • 内部の他のページに行きにくい
  • ブログにファンが付くと再訪問率が高くなる
サイト
  • HTMLページやWordPressで運営
  • 放置型(ある程度記事をアップしたら後は放置)
  • トップページには固定ページを表示
  • 内部の他の記事に行きやすい
  • 必要な情報を求めて訪問する人が多い

ちなみに、当サイトはブログからサイトへの移行中のような状態です。つまり、作成した記事を日々アップして更新し(ブログの面)、記事が充実した段階で、一覧できる見出しを配置した固定ページを設置し、若干なメンテナンスを加えつつも基本、放置(サイトの面)とする運用を行う予定です。

ブログとサイトについて、もう少し掘り下げてみます。

ブログの特徴

ブログとは、Webサイトの一種で、ホームページが簡単に作れるシステムが備わっていて、個人的な体験や意見、日々の事を綴った日記などをネット上に公開するものです。

「WebをLogする」という意味でWebログと名付けられ、それが略されてブログと呼ばれるようになったと言われています。その執筆者はブロガーと呼ばれます。

前述のように、常に新しい記事がトップに来るようになっているため、古い記事は目につかなくなってしまう傾向があります。

それでも、その記事内容に執筆者の個性が出るとファンがついて、古い記事も含めブログ全体のファンになってくれることもあります。

サイトの特徴

当サイトではWebサイトをサイトと呼んでいます。Webサイトとは、ネット上に存在し、特定のドメイン名の下に複数あるWebページ(Webブラウザで閲覧可能なページ単位の文書)の集まりのことです。

前述のように、常に固定のページが来るようになっていますので、新着情報の欄を作らないと、訪問者にはわかりづらいでしょう。企業などのホームページがイメージとしては近いです。

サイトは放置型と言っても掲載しているのは情報ですから、その鮮度を保つためにある程度の更新(メンテナンス)は必要ですが、ブログほどではありません。

ブログとサイトではどちらが稼げる?

ブログを一言で表すなら『日々の記事の更新は大変だが、いつでも手軽にネット上に公開できる』。サイトはその逆で『ネット上に公開できるまでには時間がかかるが、一度作り上げてしまえば基本、放置』というところでしょうか。

どちらが稼げるか?という部分では、サイトの方が安定的に稼ぐことができる可能性が高いですが、それなりのスキルが必要ですので、私としては(初心者の方は)ブログで腕試し・修行をしてからサイトに移行することをおすすめします。

しかし、どちらも場合でも、多くの人に訪問してもらえなければ収益に繋がらないのは一緒です。その集客ノウハウはほぼ共通なので、次からはブログでのアフィリエイトを展開していくスタンスで解説していきます。