Googleアナリティクス~登録から簡単な解析まで

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料で高機能なアクセス解析ツールです。しかし、高機能な故に使い方も複雑で、うまく使いこなせていない人が多いのも事実です。

ここでは、Googleアナリティクスの設定や使い方などについて、(ポイントを押さえて)初心者の方でも簡単に使えるよう解説します。

Googleアナリティクスとは?

ブログにどのくらいの数のユーザーが訪れたか、どうやってブログに来たのか、訪れたユーザーはどのようにページを動き成果地点へ達したか(または離脱したか)などの情報はブログ内の解析(アクセス解析)によって見ることが出来ます。

Googleアナリティクスとは、ブログのアクセス解析を行い、複数の項目でレポートを表示することの出来る無料のアクセス解析ツールです。

名前の通りGoogleから提供されているので、GoogleアカウントでGoogleアナリティクスにログインし、トラフィックコードを取得してブログに設置することで誰でも使うことが出来ます。

非常に高機能なツールですが、驚くことに、Googleはこれを無料で提供しています。

Googleアナリティクスの利用開始方法

Googleアナリティクス用アカウントの取得

この時点でGoogleアカウントを持っていない場合は、下の【Step-01】でアカウントを取得しておきましょう。加えて、WebブラウザもGoogleクロームに切り替えておきましょう。

ネットで稼ぐための準備

Googleアナリティクスを利用するには、まず下の公式サイトにアクセスします。

参考

GoogleAnalytics公式サイトGoogleAnalyticsソリューション

右上の「ログイン」を選びます。

プルダウンメニューの中から【Googleアナリティクス】をクリックします。

次に【お申込み】をクリックします。

設定項目を入力します。

<アカウント名>
Googleアナリティクス上の管理者名です。私の場合は、ハンドルネームの”聖徳太子”と設定しています。

<ウェブサイト名>
ブログタイトルを入力します。私の場合は、”仮想株式会社TERIOSNET”と設定しています。

<ウェブサイトのURL>
ブログのURLを入力します。私の場合、”https://teriosnet.com”を設定しています。プルダウンメニューで、http://かhttps://を選択し、URLを入力します。

<業種>
プルダウンメニューから、ブログのタイプを選びます。

<レポートのタイプゾーン>
プルダウンメニューから、日本を選びます(結構下の方にあります)。

<データ共有設定>
説明を読んで、ご自身で判断願います。チェックをつけておいても問題ありません。

最後に、【トラッキングIDを取得】ボタンを押し、

表示された利用規約に問題なければ【同意する】を押します。

トラッキングコードの実装

利用規約に同意したら、「トラッキングコード」が表示されます。

トラッキングコードとは?

トラッキングコードとは、ブログに訪れたユーザーのデータを取得するために、各ページに埋め込んでおくコード(プログラム)のことです。 トラッキングコードを正しく実装することではじめてアクセス解析のためのデータの取得が開始されます。

トラッキングコードの埋め込み

トラッキングコードを入手できたら、今度はそれをブログに埋め込みます。埋め込み方法は、①上図青枠内のトラッキングIDを埋め込む②上図赤枠内のコードを埋め込む、の2種類です。

はてなブログの場合は簡単で、①のトラッキングID(UA-×××××××××-×)を下図の箇所に入力するだけです。この画面は、はてなブログで、「設定>詳細設定」とたどれば見つかります。

WordPressの場合は、こちらを参考にしてください。

Google Analytics Dashboard for WP

Googleアナリティクスで見るべきページは5つ

Google アナリティクスのページ左側のメニューを見ると、様々な項目が並んでいますが、最初の段階で見るべきページは以下の5つです。

なぜかと言うと、効果的なアクセス解析はユーザーの動線を知ることであり、そこから行うべき対策も見えてくるからです。

具体的には、ユーザーがどんな「デバイス」で「どこから(流入元)」ブログにアクセスし、「最初に見たページ」から「その後経由したページ」を集計します。これらの情報がこれから解説する5ページを見るとわかります。

全体のユーザー像を把握

まずはGoogle アナリティクスで1番多く開くページになるだろう「ユーザー>サマリ」のページの見方です。

左側のメニューの「ユーザー」という項目の1番上に「概要」がありますので、これをクリックします。

このページを見ると、一定の期間に何人の人がサイトを訪れたかを知ることができます。試しに直近1ヵ月でどれくらいの人が訪れたかを見てみます。右上の期間が書かれているボタンを押して、過去30日間を選択し、【適用】を押します。

するとグラフが該当期間のものに変わります。このグラフは1ヵ月間、1日あたり何回の訪問があったかを表わしたグラフです。

その下にいくつか数字が並んでいますが、まず注目すべきは「セッション」です。

「セッション」とは、サイトの訪問数のことを言います。つまり、上図ではセッションが920となっていますが、1ヵ月でこのサイトには920回の訪問があったということを表わしています。

折れ線グラフの●にカーソルをあてると、日単位のセッション数が表示されるので、サイトがいつどの位見られているのかを把握することができます。

ではその次に、サイトに訪れた人たちがどんなデバイスで見ているかを確認します。

より詳しく知りたい方のための☆用語解説

 

「セッション」

サイトにユーザーが訪問してから離脱するまでの一連の行動を指します。
セッション数1とは、指定した期間内に1ユーザーがサイトに訪問してから離脱した回数が1回ということです。

では何をもって離脱(セッションが切れる)となるのでしょうか。
実はGoogleアナリティクスではサイトから出ていくことを離脱とはしていません。
大きく3つを定義しています。

①30分以上操作(ページの遷移や購入完了など)を行わないこと。
デフォルトの設定では持続時間が30分ですが、1分~4時間まで変更可能です。

②日付が変わること。
例えば7月25日の23時50分にサイトに訪問し、7月26日の0時1分になっていた場合、7月25日の23時59分59秒の段階で一度離脱した、とみなされるのでセッション数は2となります。

③サイトへの参照元が変わること。
検索でサイトに訪問したユーザーが、「戻る」ボタンでページを離れ、その後アフィリエイトサイト等の広告をクリックして再度同じサイトに訪問した場合、30分以内であってもこれはセッション数が2ということになります。

①~③のいずれかが行われた時にセッションが切れて、ユーザーは離脱した、とGoogleアナリティクス上では認識しています。

 

「ユーザー」

指定した期間内にサイトに訪れた固有のユーザーの数を表しています。
一般的なユニークユーザー数と同じで、指定した期間中は何度サイトに訪れてもユーザー数は1のままです。
ただし、ブラウザごとにCookieで判別してカウントしているので、同じユーザーであってもPCからとスマートフォンからアクセスしている場合には2ユーザーとしてカウントされます。

 

「ページビュー数」

指定した期間内に見られたページの総数を指します。
例えば、トップページから流入してきて、Aページを見て、Bページに訪れて離脱、であればPV数=3となります。

基本的には、ユーザー数<セッション数<PV数という関係になります。

 

「直帰率」

直帰とは、サイトに訪問して最初にたどり着いたページで離脱してしまったセッションのことを言います。
直帰率は全セッションのうち直帰してしまったセッションの割合なので、この数字が低いほど、訪れたユーザーがサイト内を回遊してくれている、たくさんのページを見てくれているということになります。

 

「新規セッション率」

全セッションの内、初めてサイトを訪問したユーザー(新規ユーザー)のセッションの割合を指します。
ここでのユーザーとは、ブラウザのCookie情報で判断するので、例えばcookieの有効期限が切れている(Googleアナリティクスでは前回訪問してから2年間サイトに訪れていない場合)、またパソコンでは訪問したことがあったがスマートフォンでは初めて、といったユーザーも、実際には同一ユーザーですが、Googleアナリティクス上では新規扱いとなります。

新規セッション率は高ければ新規ユーザーが多く、低ければリピーターが多いと判断出来ますが、高いか低いかどちらが良いというものはありません。

 

ユーザーが使うデバイスを把握

次に、サイトを訪れる人が、どのデバイスで見ているのかを確認します。

先ほどのページと同じ「ユーザー」の中に「モバイル」というのがあります。「モバイル」を押すと下にさらに詳細のメニューが出てくるので、その中の「概要」を選択して、ページ下部の表を見ます。

左側の「デバイスカテゴリ」というのが、ユーザーがサイトを開くときに使用したデバイスです。mobile(携帯・スマホ)、desktop(パソコン)、tablet(タブレット)の3種類があります。

その横のセッションの数字を見ると、どのデバイスからのアクセスが多いかわかります。例えば上図だとdesktopからのアクセスが最も多く、次いでmobile、tabletとなっています。

サイトを運用する上で、ユーザーが使用しているデバイスを把握することはとても重要なことです。

なぜなら、パソコンサイトとスマホサイトでは、その画面の大きさの違いから、別サイトと言っていいほど見え方が異なります。パソコンではあまり目立たず、ユーザーの目に触れていない部分が、スマホだとほとんどのユーザーに視認されていたりするからです。

昨今では、パソコンよりスマホでサイトを見るケースが増えてきていると言われます。自分のサイトをパソコン特化か、スマホ特化か、または両方のバランスを取るのかは、サイトを構成する上で重要なポイントになるので、現状を把握することはとても大切です。

流入元を把握

次に、ユーザーが「どうやってサイトに来ているか」を確認します。

左のメニューから、今度は「集客」の中にある「すべてのトラフィック」を押します。そうすると小メニューの1番上に「チャネル」というのがありますので、これを押してページ下部の表を見ます。

まず表の1番左の行を見ます。上から順に、数が多い流入の方法が書かれています。その横にそれぞれのセッション数が書かれています。一定期間内に何回の訪問が、その流入方法でサイトを訪れたかを知ることができます。

それでは、サイトへの流入で上位を占めている英単語が、何を意味しているのか下記で確認してみます。

「Referral」

サイトへのリンクが張ってあるWebサイトから流入した時はここに分類されます。ただし、ソーシャルからの流入は除きます。

「Direct」

直接URLを入力した時や、お気に入りやブックマークからサイトに訪問する時はここに分類されます。
アプリからWebサイトへの移動、SSL化されたサイト(URLがhttpsで始まるもの)から非SSLサイト(URLがhttpで始まるもの)への移動の時には、参照元が分からなくなるので、その場合もここに分類されます。
参照元が分かる場合はReferralとなります。

「Organic Search」

検索エンジンを使ってキーワードを検索し、サイトに訪問した時はここに分類されます。
ただし、検索した時に表示されるリスティング広告から流入した場合は除きます。

「Social」

FacebookやTwitter、Google+など、このサービスはSNSであるとGoogleアナリティクスが判断しているサービス上にリンクがあり、そこから訪問した時はここに分類されます。

上図に表示はありませんが、他にもいくつか存在します。

「Paid Search」

リスティング広告。検索した後に文字広告をクリックして流入した訪問です。

「Display」

バナー広告をクリックして流入した訪問です。

「Other」

その他の訪問(計測不可など)です。

どうやってユーザーがサイトから来ているのかを知ることは、サイトを改善する上で必須な情報です。たとえば商品名で検索してサイトに来ているユーザーと、何となく広告をクリックしてサイトに来ているユーザーでは、商品購入意欲が全く異なります。

訪問者が、どういう状況なのかを把握しないと、サイトに載せるべき情報はわかりません。このページで訪問者の流入前の状況を把握しましょう。

より詳しく知りたい方のための☆もっと詳しい流入状況解説

流入元の英単語が、Organic Search、Paid Search、Referralのいずれかが多いという場合は、その英単語を押してみましょう。

例えば、Organic Searchを押すと、どんなキーワードで検索した人が多いかを見ることができます(諸事情により2位以下のキーワードは伏せています)。

ユーザーの状況を知るうえで、検索にかけたキーワードも把握しておくとより正確に心境を理解することができるので、よく検索されているワードに合わせてサイトのコンテンツを調整しましょう。

ちなみに、Organic Searchの中を見ると、多くのサイトで(not provided)と1番上に書かれているかと思います。

これはプライバシー保護の観点で昨今の検索エンジン(Googleなど)がユーザーの検索ワードを見られないようにしているためです。

そのため大半のユーザーのキーワードを知ることはできないのですが、一定見ることができるので参考にはなります。

また、Referralを押すと、実際に参照元となったサイトのURLを見ることができます。

どのサイトのどんなリンクから訪れるかによって、ユーザーに何を説明すべきかを考えましょう。

入口ページを把握

次は、ユーザーがサイト内のどのページを見たのか、というデータを「ランディングページ」に限り見てみます。

ランディングページとは、サイトの入口となったページのことで、ユーザーがそのサイトの中で1ページ目に見たページのことを言います。必ずしも、トップページとは限りません。

左のメニューから、「行動」の中にある「サイトコンテンツ」を押します。すると上から3つ目に「ランディングページ」というのがありますので、これを押してページ下部の表を見ます。

まず1番左の行に、上から順に入口ページとして訪問の多いページのURLが並んでいます。例えば上図のデータだと、「/」(トップページ)が最も入口として訪問されていることがわかります。

次にその1行右を見ると、「セッション」という行があります。この行の数字は、各入口ページの訪問数を表わしています。

上図のデータだと、トップページを入口とするユーザーが、月間約270程あり、全体の約3割を占めています。

さらに注目したい項目は「平均セッション時間」と「直帰率」です。

特に直帰率について、ランディングページとしてユーザーが訪れるページの直帰率が高いということは、せっかく訪問してくれたユーザーを無駄にしてしまっているということです。

ページタイトルと内容が合っていないのではないか、他のページへの導線が悪くユーザーに使いにくさを感じさせていないか等、考えられることは全て見直しをしていく必要があります。

より詳しく知りたい方のための☆ページ別訪問数の解説

「ランディングページ」を見た後、2ページ目以降にユーザーがどこを見たかはどうやってわかるのか?と疑問に思うかもしれません。そのデータは、同じ「行動」の「サイトコンテンツ」の中にある「すべてのページ」で見ることができます。

表の見方はほぼ「ランディングページ」と同じですが、1点だけ注意があります。

表の左から2行目は、先ほどと違って「ページビュー数」を表わしています。ページビュー数とは、何回そのページを見られたかの数なので、極端な話1人のユーザーがそのページを何回も更新してもその分増えていく数字です。

それに対して左から3行目の「ページ別訪問数」はあくまで訪問なので、1回の訪問の中で何回そのページを見ても数字は1しか増えません。

よく見られているページの認識としては、ページ別訪問数の方が正確です。なので表1列目の「ページ別訪問数」をクリックして、ページ別訪問数の多い順に表を並べ替えましょう。

ユーザー行動として、まずは入口ページを認識すべきですが、その後に見たページも把握しておくと、さらに詳細にユーザー行動がわかるかと思います。

目標達成数を確認

<作成中>

まとめ

<作成中>