Googleサーチコンソール~登録から簡単な解析まで

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、Googleが提供する管理者向けの無料ツールであり、Googleが(登録した)自分のブログをどのように認識しているかという情報を提供してくれます。Googleからの認識を把握することで、より良いSEO対策が可能になります。

ここでは、Googleサーチコンソールの設定や使い方などについて、(ポイントを押さえて)初心者の方でも簡単に使えるよう解説します。

Googleサーチコンソールとは?

Googleは、2015年5月20日に「ウェブマスターツール」の名称を「サーチコンソール」に変更しました。

従来の「ウェブマスターツール」は名称の通り「ウェブマスター」すなわち、管理者をターゲットとしていました。

しかし、Googleが行った調査により、管理者、SEO・マーケティングの担当者、ウェブ デベロッパーやアプリ デベロッパー等多くのユーザーがウェブマスターツールを利用していることが明らかになりました。

そのためGoogleは、ウェブマスターに限らないすべてのユーザーを対象とすると方針を決定し、名称を「サーチコンソール」に変更しました(変更時、UIや機能に関しては、大きな変更点を加えていない)。

Googleサーチコンソールを利用すると、Googleアナリティクスで(not provided)として隠されていた検索 キーワードを調べることが出来たり、 Googleの検索結果でブログがどのように表示されているかを知ることができます。

また、 Googleアナリティクスと連携することで、アナリティクス上で Googleサーチコンソールの情報が閲覧出来るようになっています。

Googleアナリティクスでは、ブログにアクセスされる前のことはわかりません。 ユーザーがそもそも来なければデータは取得できないためです。

しかし、ブログへアクセスしてきた ユーザーが、「どこから来たのか」「どんなページを見たのか」「どれくらい滞在したのか」などアクセスしてきた後のデータの取得には非常に長けた ツールです。

一方、 Googleサーチコンソールはアクセスしてくる前のデータが多く閲覧できるのが特徴です。

例えば、 検索結果でブログのページがどれくらい表示されているか、どれくらいクリックされているかなどのデータを見ることが出来ます。それ以外にも、ブログが検索エンジンにどう見られているか、ペナルティを受けているかなども見ることが出来ます。

Googleアナリティクスのほうがメジャーになっていますが、 Googleサーチコンソールで取得できるデータも非常に重要です。

なぜなら、 検索結果上でクリックされなければブログへのアクセスにはならないからです。一体どれくらいの人がクリックしていて、どれくらいの人がスルーしているのかがわかれば改善も出来ます。

よって、 Googleサーチコンソールでアクセス前の動きを取得し、 Googleアナリティクスでアクセス後の動きを取得するという使い分けになります

Googleサーチコンソールの利用開始方法

Googleサーチコンソールを利用するには、Googleアカウントでログインし、ブログを登録する必要があります。

Googleアカウントが用意できたら、あとは下記の手順で利用開始できます。

    1. ここ をクリックしてGoogleサーチコンソールにアクセス
    2. Googleアカウントでログイン
    3. ブログのURL(管理URL)を入力し、画面右上の赤いボタン【プロパティを追加】をクリック
    4. 「別の方法」タブをクリックし「Googleアナリティクス」にチェックを入れ【確認】をクリック
    5. 「所有権が確認されました」とメッセージが表示される
これで利用登録が完了です。以降は全ての機能を使用することができます。

サイトマップの登録

Googleサーチコンソールに登録できたので、さっそくサイトマップを登録してみましょう。

サイトマップとは、サイトの地図のようなものです。読者視点で見るとサイトマップはあまり見ることはないように思えますが、クローラーにサイトの全容をしっかり伝えるために役立ちます。

「クロール」>「サイトマップ」から【サイトマップ追加テスト】を押します。

表示された欄に sitemap.xml と入力して【送信】を押します。

これで作業は完了です。【ページを更新する】を押して画面遷移します。

送信直後は、何も現れません。

約5分位経過すると、進行状況が表示されます。

Googleサーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールでは、サイトへの訪問キーワードや、サイトに発生した問題など、様々な情報を確認することができます。おおまかには次のような機能があります。

  • Googleからのメッセージ確認★
  • サイトへの来訪キーワードチェック★
  • 外部リンクの詳細調査★
  • モバイルサイトのユーザビリティ評価確認
  • URL削除
  • Googlebotクロールで起きているエラー確認
  • サイトの再クロールの申請★
  • サイトマップ、robots.txtの送信
  • その他、サイトの問題確認
このうち★で示したものは、使用頻度の高いものです。次に、この★の機能についてそれぞれ解説します。

Googleからのメッセージ確認

サイトを登録しておくと、サーチコンソールが自動検知したサイトの問題などに関する重要なメッセージを受信することができます。

メッセージは、下図(サーチコンソールログイン後画面)の左側メニューにある「メッセージ」をクリックすると表示することができます。

メッセージは主に「Googleクローラがサイトにアクセスできない」「ガイドライン違反によりサイトにペナルティが課されている」(または解決した)といったものになります。

いずれも、どのサイトにも起こりうる一般的な問題ですが、サーチコンソールの利用により、素早く問題に気づき解決へと動くことが出来ます。

サイトへの来訪キーワードチェック

サイトがどんな検索キーワードでユーザーの目にとまっているかがわかります。これを確認するには、左側メニューの検索トラフィック > 検索アナリティクスをクリックします。(下図参照)

この検索アナリティクス機能には、強力な多数のフィルタ機能(上図の右のグレー部分)が搭載されており、実に有益なデータを簡単に調べることができます。例えば次のようなものです。

  • 検索クエリごとの検索順位
  • 検索結果ページでの表示回数
  • クリック数の多い検索キーワード(検索クエリ)

この機能により、狙ったキーワードでの順位確認や検索流入数確認はもちろん、「順位は高いがクリック率の低いページのタイトルを改善し、クリック率を上げる」とか「検索流入の多いページを見つけ、そのページの導線を改善してCV増をねらう」といったことができます。

外部リンクの詳細調査

Googleは現在、サイトごとに付いている被リンク(=外部サイトからあなたのサイトに向けて貼られたリンク)の情報を公開していません。そのため、サードパーティ製ツール(Ahrefsバックリンクチェッカーなど)で知ることができる被リンク情報は、今では限られています。

しかしGoogle純正ツールであるサーチコンソールなら、(完全に全てではないにせよ)より最新かつ多数の被リンク情報を確認できます。被リンク総数はもちろん、被リンク元サイトドメイン、各リンク元ごとの被リンク数比較も可能です。

被リンクの詳細は、「左側メニュー > 検索トラフィック > サイトへのリンク > リンク数の最も多いリンク元」の下にある「詳細」をクリック(下図参照)で確認できます。

上図の「詳細>>」をクリックすると被リンクのリストが表示されます。リスト上部にある「最新のリンクをダウンロード」をクリックすると、全リストがダウンロードできます。

サイトへのGooglebotクロール申請

サイトにページを追加したり、内容を更新しても、新しいコンテンツにGooglebotと呼ばれるクローラがやって来てくれないかぎり、検索結果には反映されません。

そのため、より早く検索結果に表示させたい場合は、クロールの申請を行うことができます。
この機能は「Fetch as Google」というメニューで行うことが出来ます。手順は、 左側メニュー > クロール > Fetch as Google とクリックします。(下図参照)

画面が表示されたら、上部のフォームに、新規ページや更新したページなど、クロールしてほしいページのURLを入力し「取得」をクリックします。

すると表示が更新されるので、その後出てくる「インデックスに送信」>「このURLと直接リンクをクロールする」>「送信」と順にクリックすれば完了です。

Googleアナリティクスとの連携方法

Googleアナリティクスを利用しているとGoogle アカウントと、 Googleサーチコンソールを利用しているアカウントが同じであれば、すぐに連携ができます。

Googleアナリティクスにログインし、「集客」>「Search Console」>「ライディングページ」の順にクリックしていきます。そして、【Search Consoleのデータ共有を設定】を押します。

プロパティ設定画面が表示されるので、下部にある【Search Consoleを調整】を押します。

表示された画面で「編集」をクリックします。

連携可能なGoogleサーチコンソールが表示されますので、それを選び保存すればOKです。

サーチコンソールレポートを確認する

Googleサーチコンソールと連携した Googleアナリティクスで閲覧できるようになるのは「Search Console」です。「集客」>「Search Console」からアクセスすることができます。

まとめ

サーチコンソールは、実はGoogle側にとっても、検索サービスを発展させるための非常に重要なツールです。今後も、サーチコンソールが軸となった様々な機能が続々リリースされていくことは、間違いないでしょう。

SEOを行う場合、順位上昇の基盤は「コンテンツ対策」と「被リンク対策」の2つを両方整えることです。時間を無駄にしないためにも、まずこの2つの基礎SEO対策を済ませ、それからすぐにサーチコンソールを利用開始するようにしましょう。