Google XML Sitemaps

ブログの記事をしっかり検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは必須となります。

しかし、記事の公開や更新に合わせて毎回、このサイトマップを手動で編集してアップロードするのは非常に手間となりますが、「Google XML Sitemaps」 というプラグインを使うと、全て自動で行ってくれます。

この記事では、「Google XML Sitemaps」の導入方法や設定・使い方について解説します。

サイトマップには、検索エンジン向けのXMLとユーザー向けのHTMLの2種類がありますが、このプラグインはXMLの方です。

テリオス

「Google XML Sitemaps」の特徴

  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成する
  • サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する
  • 検索エンジンに認識してほしいページを指定できる
  • 記述内容はGoogleの推奨する内容に沿っている

「Google XML Sitemaps」の導入

WordPress管理画面の左メニューより、「プラグイン>新規追加」をクリックします。

プラグインの検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力し、キーボードのエンターキーを押します。

「今すぐインストール」を押してインストールが完了したら、「有効化」をクリックすれば、導入は完了です。

「Google XML Sitemaps」の設定

WordPress管理画面の左メニューより、「設定>XML-Sitemap」をクリックします。

基本的な設定(初期設定でOK)

最初に「基本的な設定」から行います。どの項目も初期設定のままでOKですが、念のため、以下の画像通りにチェックが入っているか、確認しておきましょう。

チェック項目の解説
  • Notify Google about…
    ⇒サイト更新時にGoogleに通知
  • Notify Bing(formerly MSN…
    ⇒サイト更新時にBingに通知
  • サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加
    ⇒検索エンジンにサイトマップの場所が正しく伝わるようにするもの
  • Try to automatically compress…
    ⇒サイトマップを圧縮する
  • HTML形式でのサイトマップを含める
    ⇒サイトマップを人間から見て分かりやすくするためのもの

Additional Pages(設定不要)

ここは設定不要です。今後の運営で、”サイトマップに初期設定では含まれていないページを追加したい”という場合に、ここからURLを登録します。

投稿の優先順位

XMLサイトマップではページの優先度を決めることができます。具体的には「このページを優先的に巡回(クロール)してください」という指標を検索エンジンに伝えることになります。

「コメントが多い」=「優先的に巡回してもらいたいページ」とは限らないので「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

では、どうしたら優先的にクロールしてもらいたいページを設定するか?は、後述します。

Sitemapコンテンツ

サイトマップに「どのページまで含めるか」を決めます。ここでは「検索エンジンにインデックスしてほしいページ」だけを選びましょう。

基本的には、初期設定のホーム(トップ)ページ、投稿・固定ページに加えて、カテゴリーページまではチェックを入れると良いと思います。

なお、「最終更新時刻を含める」はチェックを入れたままにしておきます。

Excluded Items(設定不要)

サイトマップに含めたくない記事や固定ページがある場合には、こちらから設定しますが、基本的には設定不要です。

Change Frequencies

それぞれのページが「どのくらいの頻度で更新されるか」という目安を検索エンジンに伝えます。検索エンジンにインデックスされる必要のないページの頻度は下げるのが良いでしょう。

私は固定ページも割と使っているので「毎週」にしています。というわけで、下の画像のように設定するのが良いかと思います(あくまで参考です)。

優先順位の設定

ページの中での相対的な優先順位を指定するためのものです。ホームページや投稿ページの値は高くして、インデックスされる必要のないアーカイブページなどは「0」にすると良いでしょう。

基本的に、前述の「Change Frequencies」と同じような考え方になります。下の画像の値を目安にして頂くと良いのではないかと思います(あくまで参考です)。

設定は以上なので、最後に忘れずに「設定を更新」をクリックしましょう。

テリオス

「Google XML Sitemaps」の使い方

ここまでの手順で、XMLサイトマップの作成と設定ができたので、これをGoogleサーチコンソールに登録します。登録することで、Googleがサイトマップの存在を確実に認識してくれます。

Googleサーチコンソールへの登録は、下の記事の「Googleサーチコンソールの利用開始方法」「サイトマップの登録」を参照ください。

Googleサーチコンソール~登録から簡単な解析まで

まとめ

「Google XML Sitemaps」は一度設定してしまえば、後は自動で働いてくれる優秀なプラグインです。設定は少々面倒かもしれませんが、後々恩恵が出てきますよ。