Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com は、とても機能が豊富なプラグインで、これをひとつ導入しておくだけで、アクセス解析や関連記事、ソーシャルメディアとの連携など、様々な機能を利用することができます。

元々は、「WordPress.com」向けに提供されていた機能を、インストール型の「WordPress」でも利用できるようにしたプラグインのため、利用するには「WordPress.com」のアカウントが必要です(無料)。

また、管理画面が日本語化されているので、非常に分かりやすいのも特徴です。

「Jetpack by WordPress.com」の特徴

  • アクセス解析が簡単に設定できる
  • ソーシャルボタンを簡単に設できる
  • セキュリティ強化が自動で行える
  • その他、多数の機能が豊富にある

「Jetpack by WordPress.com」の導入

WordPress管理画面の左メニューより、「プラグイン>新規追加」をクリックします。

プラグインの検索窓に「Jetpack by WordPress.com」と入力し、キーボードのエンターキーを押します。

「今すぐインストール」を押してインストールが完了したら、「有効化」をクリックすれば、導入は完了です。

「Jetpack by WordPress.com」の設定

このプラグインは「有効化」した後に、「WordPress.com」との連携をする必要があります。

意外と知らない人も多いのですが、WordPressには、サーバーインストール型の「WordPress.org」というサービスと、「WordPress.com」という2つのサービスがあります。

WordPress.orgのサーバーインストール型は自分でサーバーをレンタルしドメインを取得して自分でWordPressサイトを構築するサービスです。

しかし、「WordPress.com」というのは、アメブロのようにフリーで使えるサービスで、WordPressのサーバーを利用して簡単にWordPressを開始できるサービスになります。

そして、Jetpackで設定するには、「WordPress.com」と連携する設定になるので、WordPress.com」のアカウントを作る必要があるのです。

この2つを間違えないように理解しておいてください。

「WordPress.com」と「Jetpack」を連携する

「Jetpack」を有効化すると、WordPressのダッシュボード上に、次のようにWordPress.comとの連携を求められます。

既にWordPress.comのアカウントを持ってる場合は、次のような連携表示が出るので、「承認する」を押します。

料金が書かれたプランが表示されますが、無料で問題ないので「無料で開始」を押します。

連携が完了すると下のような画面になるので、「このステップをスキップ」をクリックします。

これで「JetPack」を使う準備が整いました。

「Jetpack by WordPress.com」の使い方

サイト統計情報

WordPressのダッシュボード上に「サイト統計情報」が表示されています。これは、ダッシュボード上から確認できるアクセス解析情報の事です。

まとめ