スポンサーリンク
【 この記事の概要 】
FXでは、レバレッジと呼ばれる仕組みを使って、手持ちの資金の何倍もの外貨を売買し、大きな為替差益を狙えることが魅力のひとつとなっていますが、損失に対する注意も必要です。

FXは数千円から始められる

FX(外国為替証拠金取引)とは、2国間の通貨を売買して、その差額や金利差を得ることを目的とした取引のことで、少ない元手(資金)で始めることができる投資として人気があります。

FXを始めるには、FX会社に証拠金という形で資金を預け入れ、それを担保に取引します。

FX会社や通貨ごとに取引できる単位が決められていますが、数千円~5万円位の少額からFXの取引を始めることができます。

(国内FXの場合)レバレッジで資金の25倍まで取引可能

レバレッジを使うと(国内FXの場合)証拠金の最大25倍まで取引をできるようになります。

例えば、証拠金としてを10万円預け入れた場合、250万円分の取引が可能になり、短期間で大きな利益を得られるようになるのです。

ただし、レバレッジが高くなると利益だけでなく損失も大きくなる恐れがあるので、レバレッジを上手にコントロールする必要があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事