検索hit率が高くなるパーマリンク

パーマリンクとは、各記事の永続的なURLのことで、WordPressの場合は先に設定しておくことをおすすめします。なぜなら、後で変更するとURLが変わって検索されにくくなるからです。

WordPressで作成した記事には、それぞれ固有のURLが付きます。このURLをどのようなルールで表記するかを決めるのが、パーマリンクの設定になります。この設定をすることで、記事が検索エンジンにヒットしやすくなるので、あらかじめ初期段階で設定しておきます。

ここでは、私が今BESTだと考える設定をご紹介します。

パーマリンクとは何?

もう少し、パーマリンクの意味合いを掘り下げてみます。

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

引用元:IT用語辞典バイナリ
http://www.sophia-it.com/content/パーマリンク

ひとことで言うと【記事(Webページ)ごとに設定される永続的な個別のURL】です。

f:id:TERIOS:20170919101250p:plain

上の画像だと、「morebetterlifeinfo.com」ドメイン名で、以降の赤下線部「morinaga-confectionery-ramune」の部分がパーマリンクにあたります。

WordPressデフォルトの設定はやめた方がよい

WordPressをインストールした直後(デフォルト)のパーマリンク設定は、以下になっています。

http://トップレベルドメイン/?p=記事番号

このように、意味のない数字と記号の組み合わせのパーマリンクでは、サイトとしてのユーザビリティやSEOの面でも、若干の悪影響が出てしまいます。では、なぜデフォルト設定ではいけないのか?

それは、この状態では、Googleが推奨するURLの2つの要件を満たしていないからです。以下のGoogleからの抜粋文がヒントになります。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用元:シンプルな URL 構造を維持する
https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

例えば、次の2つのURLにおいて、

http:teriosnet.com/?p=123

http:teriosnet.com/how-to-use-wordpress

前者はID(記事番号)で構成されていますが、後者は意味のある単語です。また、前者はURLを見ても記事の内容が理解できませんが、後者では”この記事はWordPressの使い方が書かれているんだな”と理解できます。

つまり、デフォルト状態のパーマリンクでは問題があるということになります。

理想的なパーマリンク設定とは?

WordPressにとって理想的なパーマリンク設定は、以下の2パターンだと私は考えます(カッコ内は例)。

http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル
(http://netassetslaboratory.com/wordpress/how-to-setup-permalink)
http://example.com/記事タイトル
(http://netassetslaboratory.com/how-to-setup-permalink)

カテゴリーを含めてサイトの構成がキッチリ固まっている場合の理想形は①パターンです。パーマリンクから、記事がWordPressというカテゴリーに属していることがわかります。つまり、読者も検索エンジンも、サイトの構成がどのようになっているか把握することができるからです。

しかし、①のデメリットは、カテゴリー構造の変更を行うと、そのカテゴリーに属する記事のURLが変わってしまう点です。

例えば、①のカテゴリーをwordpressからhatenablogに変更した場合、URLは

http://teriosnet.com/hatenablog/how-to-setup-permalink

となり、全く違うURLになってしまいます。URLが変わるとリンク切れが発生したり、ソーシャルボタンの数字もリセットされてしまいます。

以上から、実際の運用面を踏まえて、将来的に発生しうる変更に対応できる②をおすすめしますが、私なりに工夫を加えて、次の設定をおすすめします。

おススメのパーマリンク設定

http://example.com/記事タイトル-ナンバリング
(http://teriosnet.com/how-to-setup-permalink-1)

ナンバリングを付け足した意味合いは、あとから追加で記事を書くときの管理のしやすさからです。グループ化的な考え方に近いです。

あと、これは先ほどのGoogleからの抜粋文中にもあるのですが、URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

以上になりますが、私はこの設定をしてから、少しアクセス数が増加したと感じています。

パーマリンク設定についてはいろいろな考え方があるので、その一例として情報発信させていただきました。