SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、優良な被リンクを集めたり(外部対策)、ユーザーに価値あるコンテンツを提供し、検索エンジンにページ内容が評価されるよう技術的にWebページを最適化したり(内部対策)することでGoogleやYahoo! ・Bingなどの検索エンジンで、キーワード検索した場合に上位に表示されるようにすることを意味します。

オーガニック検索からの流入は、キーワードから目的の情報・商品・サービスなどを自ら探してサイトに訪れるユーザーが多いため、成果(コンバージョン)に繋がりやすい傾向にあります。

このように、モチベーション・質の高いユーザーの安定した流入が見込めるため、SEOの成功はブログ運営への大きなカギを握っています。

内部SEO対策

内部SEOはブログやサイトでHTMLなどの仕組みを検索エンジンから評価されるように設定することによって上位表示させる方法です。

検索エンジンからの評価は検索ロボットによって機械的に行われます。そのため、機械的に正しいブログやサイトの仕組みをつくることによって、評価されることになります。

内部SEOは正しい仕組みをつくっても、一気にアクセスアップにはつながらず、徐々にアクセスが増えて行きます。

内部SEOについては、Step-25/26で詳しく解説します。

外部SEO対策

外部SEOは、外部からのブログ・サイトからのリンクによってアクセスを増やす方法です。

検索エンジンからの評価も、外部からのリンクの質などでブログやサイトの評価をしています。ただ、不自然なリンクや機械的なリンクはペナルティーの対象となるので、非常に難しい対策です。

外部SEOについては、Step-27で詳しく解説します。

SEO対策する上で最も重要なこと

SEO対策に関しては、いろいろな情報が溢れかえっていますが、何が正しいのか明確な答えはありません。しかし、SEOを行う上で最重要となるポイントは、

「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」

ことです。

検索行動をとるユーザーにとって満足感のあるコンテンツ(問題が解決できる、新しい情報を得られる、専門的な知識を得られる等)を提供できなければ、どのようなSEO対策を行っても上位表示は見込めません。

コンテンツのクオリティを上げ、さらにそこから、ユーザーに対して分かりやすい文章にするとともに、検索エンジンに対して認識しやすい文章・記述にするということが重要です。